【せどり初心者必見!】仕入れる時の注意点5選と失敗しないための対策

たけお

こんにちはたけおと言います^^

せどりで仕入れる時に

注意点はどんなものがあるんだろう

と気になる人も多いと思います。

商品を仕入れる時の注意点を知っておかないと

仕入れた商品がAmazonで売れない
垢BANになって仕入れられなくなる

という大きなダメージを負ってしまいます;;

仕入れで失敗したくないと思う方は、仕入れ時の注意点を知っておきましょう!

本記事の内容

仕入れる時の”注意点”
失敗しないための”対策

仕入れ前に注意点を学んで、対策をしておけば『商品が売れない』『垢BANになる』といった事態を防げるので、是非最後まで見ていって下さい。

たけおの自己紹介

せどり歴は1年以上継続し、月の利益は8〜10万円
電脳せどりで毎月70〜80万円仕入れています

結論から言いますと、『仕入れる時の注意点』は以下の5つです。

出品制限
危険物
値崩れ
注文キャンセル
家電量販店での購入

それでは順番に詳しく解説していきます。

目次

仕入れる時の注意点5選と失敗しないための対策

Amazon出品制限

Amazonで出品できる商品の中には、”出品制限”がかかっているものがあります。

出品制限の例

ブランド:パナソニックやソニーなどメーカーの規制
ジャンル:局所用など商品ジャンルの規制

同じ制限でもさらにユーザーによって出品制限がかかる商品の種類は違います。

例をあげるとAさんは制限がかかっているけどBさんは制限がかかっていないということです。

たけお

セラーアカウントを作ったばかりの人は、制限がかかっている種類が多いです。

この出品制限のかかっている商品は、出品制限を”解除”しないとAmazonで販売できません

出品制限になっている商品を知らずに仕入れてしますと、『せっかく仕入れた商品が制限を解除しないとAmazonで売れない』という事態になりかなり困ります;;

制限を解除するにはどうしたら良いの?

たけお

出品制限の解除にはいくつか方法がありますが、基本は請求書など必要な書類を提出して審査が通れば出品制限が解除できます。

【必要な書類の例】

メーカーや卸売業者の請求書
メーカーやブランドの販売許可証等

詳しくは「商品登録画面」で表示された「出品制限を申請」をクリックすると制限の内容と必要な書類が表示されます。

たけお

出品制限の解除は少し面倒ですので、初心者の方はなるべく出品制限の商品を仕入れるのは避けたほうが良いです^^;

対策1:「商品登録画面」で確認して制限のかかっている商品は仕入れない

Amazonセラー
引用:Amazonセラーセントラル

仕入れたい商品が出品制限かどうかは「商品登録画面」で確認できます。

出品許可を申請」となっている商品は出品制限がかかっています。

対策2:「メルカリ」などの他販路を確保

間違えて仕入れてしまったよ‥
出品制限の解除の書類も揃えられなそうだしどうしたら良いかな?

たけお

メルカリ」など他販路での販売を検討しましょう

Amazonで出品制限がかかっていても「メルカリ」などの他販路で販売できるようにすれば、最悪間違えて仕入れてしまっても大丈夫です。

リサーチの時にAmazonだけでなくメルカリなどの他販路でも利益が取れるか確認しておくとより安心です^^

危険物

Amazon販売でとても便利なAmazonFBAを使う際は、「危険物」にも注意が必要です。

危険物の輸送は国際航空運送協会(IATA)によって規制されており、そのままではAmazonFBAに納品することや販売することはできません;;

Amazon
引用:Amazonセラーセントラル

国際航空運送協会(IATA)によって危険物として輸送が規制されている商品の例

殺虫剤
オイルライター
カセットコンロ用ガス
ネイルグッズ
漂白剤
接着剤
消毒液
化粧品

たけお

危険物は事前申請や正しい梱包で納品すれば販売できますが、手間と時間がかかるので初心者は「危険物」の仕入れもさけた方が良いです^^;

対策:「セラーセントラル」の「ヘルプ」で確認する

危険物
引用:Amazonセラーセントラル

危険物の確認はAmazonのセラーセントラルを開いて「ヘルプ」で「危険物」入力すると「ASIN」を入力する画面が出てきます。

ASINを入力して「ステータスを確認する」をクリックすると入力した商品が危険物に該当するか確認することができます。

値崩れ

ランキングの上位の商品や利益率の高い商品はライバルが多くなりやすいため、大きく値崩れしやすくなります。

値崩れしてしまうと利益が落ち、最悪の場合はマイナスになってしまうこともあるため仕入れは慎重に行いましょう。

対策1:ライバルが多く値崩れしそうな商品は仕入れない

ランキングに載っているなどライバルが多そうな商品はなるべく仕入れを避ける方が無難です。

たけお

仕入れる商品は「キーパ」などのリサーチツールで「値動き」「出品者」をよく確認してから仕入れましょう

値崩れする商品は以前にも出品者が急増して価格が大きく下がっている場合があります。

対策2:資金に余裕がある場合は仕入れて販売時期をずらす

値崩れしそうな商品が有名ブランドだったり、Amazonで売れ行きが良い商品なら仕入れてすぐ売るのではなく1〜3ヶ月ねかして販売時期をずらすのも戦略としてありです。

たけお

売れる良い商品ならライバルが減るのも早く、出品者が減っていったら価格も戻って来ます^^

注文キャンセル

注文キャンセルは、仕入れ先の垢BANのリスクがあります。

特に連続で注文キャンセルしたり、大量の注文をしたあとにキャンセルをすると仕入れ先のアカウントが使えなくなる場合があります。

クーポンを使い忘れてしまったから注文キャンセルしようかな

たけお

気持ちもわかりますが、垢BANのリスクを考えたら勉強代と思ってキャンセルしない方が良いです^^;

対策:注文画面で詳細を確認する

購入する前に注文画面をよく確認しましょう。

商品が合っているか
クーポンは反映されているか
ポイント還元は合っているか

などよく確認してから注文を確定をしましょう。

家電量販店での購入

家電量販店では転売に厳しいお店もあり、家電などを複数購入すると転売とみなされて注文がキャンセル、最悪垢BANされる場合がありますので注意が必要です。

仕入れに厳しいショップの例(楽天市場の場合)

楽天ビック
コジマ
ケーズ電機
ジョーシン
光TVショッピング

対策:家電量販店では複数購入は避ける

垢BANを避けるためにも家電量販店での複数購入は避けましょう

まとめ

最後にまとめると

仕入れで失敗しないための5つの注意点

出品制限
危険物
値崩れ
注文キャンセル
家電量販店での購入

出品制限」や「危険物」の商品を仕入れてしまうと、そのままでは仕入れた商品がAmazonで販売できません

また、「注文キャンセル」や「複数購入」を行うと仕入れ先のアカウントが垢BANされる可能性があります。

そうならないために以下の対策をしておきましょう

仕入れ前に出品制限、危険物でないかよく確認する
値崩れしそうな商品は仕入れないか販売時期をずらす
注文を間違ってもキャンセルはしない
家電量販店での複数購入は避ける

たけお

最後までご覧いただきありがとうございました。また会いましょう^^

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる