バーチャル オフィス「レゾナンス」を徹底解説!【口コミや評判は?】

レゾナンスを利用するにはいくらかかる?
サービス内容や使うメリットはどんなものがあるの?
口コミや評判が知りたい!

そんなバーチャルオフィス「レゾナンス」を、使おうか迷っている方に役に立つ記事です。

この記事で学べること

・利用サービス内容
・メリット、デメリット
・口コミ、レビュー
・申し込み方法

この記事を読めばレゾナンスを、契約するとどのようなメリットがあるかわかるようになります。

なるべく分かりやすく解説しますので、是非最後まで見ていって下さい。
それでは解説します。

目次

レゾナンスの基本サービス

レゾナンス
レゾナンス
たけお

レゾナンスの一番安いプランの基本サービスは次の2つです

①住所貸し(法人登記もOK!)
②郵便転送

①住所貸し(法人登記もOK!)

・特商法の表記
・発送ラベル
・ショップカード等

上記に記載できる住所を借りることができます。
事業のための住所を借りるという意味ではレンタルオフィスと似ていますが、実際にオフィスを借りるのではなく住所のみを借りるイメージです。
住所を借りるだけなのでレンタルオフィスより費用が圧倒的に安いという特徴があります。

また他のバーチャルオフィスで法人登記する場合、別途費用が発生するところも多いですが、

レゾナンスは基本料金で法人登記OKです

②郵便転送

借りた住所に郵便物が届いた場合メールで知らせてもらうことができ、届いた郵便物を1週間分まとめて毎週末に自宅に送ってもらえます。

注意:送料は別途必要になります

たけお

ちなみにレゾナンスは実店舗が存在するので、店舗の近くに住んでいる方は事前に予約すれば直接取りにいく事も可能です

レゾナンスの利用料金

たけお

利用料金はこんな感じです

レゾナンスの利用料金

月額契約料金(税込)
年払い:19,800円
月額1,650円)←最安
半年払い:16,500円
(月額2,750円)
月払い:3,300円

初期費用、入会費:5,000円
デジポット:1,000円〜

レゾナンスを利用するには5,000円の入会金と、契約料金に加えてデポジットという料金が必要になります。

デポジットとは

郵送物のお受取や転送する際の郵送費や転送電話・FAXの通話、通信料金の保証金のことです。
1000円以上からチャージすることができ、残金が少なくなったらチャージするという仕組みとなっています。

レゾナンスの契約料金は最安で1,650円と、バーチャルオフィスのなかでも安い料金設定になっています。

他の有名なバーチャルオフィスと比較するとこんな感じです

料金比較月額利用料初期費用
レゾナンス3,300円
(年払い1,650円)
5,500円
ワンストップビジネスセンター5,280円10,780円
DMM(住所貸しプラン)5,000円
(年契約2,300円)
5,500円

レゾナンスを使うメリット

特商法に基づく表記に利用可能
法人登記が基本料金で出来る
最初1ヶ月は無料で利用できる
誰でも利用が可能
都内一等地の住所を借りれる

特商法に基づく表記に利用可能

商品をAmazonなどのネットショップで販売する時は、「特定商取引法」により事業者の住所の登録が必要になっています。
そのため副業等で自宅で事業を行っている人は、

自宅住所をネットに公開することになり個人情報が流出するリスクがあります。

レゾナンスで借りれる住所は特定商取引法に基づく表記等に利用できるため、

借りた住所を登録住所にすることで
個人情報を守ることができます

法人登記が基本料金で出来る

他のバーチャルオフィスでは、法人登記をするには別途費用が発生するところが多いですが、レゾナンスは基本料金の中に法人登記が入っているのが大きなメリットの一つです。

たけお

小さく事業を始めて将来法人化したい人に優しい

最初1ヶ月は無料で利用できる

レゾナンスをこれから利用する人は、申し込みフォームで下記の紹介コードを入力してもらうことで最初の1ヶ月間は無料で利用できます。

紹介コード「tcy-D」
注意:半年契約・年間契約限定です

たけお

このブログ限定のコードですので申し込みする人は是非使って下さい

誰でも利用が可能

レゾナンスはネットで申し込みすることができ、全国どこからでもバーチャルオフィスを利用することができます。

たけお

公式サイトでも次のように書いてありましたの

どなたでもご利用可能です。

法人登記はもちろん、個人事業主の方もご利用いただけます。HPや名刺への記入もOK

副業、通販サイト開設など自宅住所を公開したくない方、特定商品取引法などの情報としてもご利用可能です。

個人事業主の方は郵便物のお受取に住所を追加できます。

引用:レゾナンス

都内一等地の住所を借りれる

レゾナンスで借りられる住所は、

東京都港区浜松町
・中央区銀座
・渋谷区神宮前
・新宿区西新宿

とこのように都内一等地となっています。

たけお

販売Webサイトや名刺などに記載することで、事業の信頼性が高まります

レゾナンスのデメリット

地方に住所拠点がない
受取不可の郵便物がある
業界最安ではない

地方に住所拠点がない

レゾナンスで借りる住所の拠点は都内4店舗のため、地方に拠点がないのがデメリットになります。
地方在住の方は、

・オフィスで郵便物の受取ができない
・郵便物の郵送費が増える

など不便なことも多く、借りるオフィスの近くに住んでいる人の方が有利になります。

受取不可の郵便物がある

以下の郵便物は、受け取って貰えないのでよく確認しておきましょう

受け取りできない郵便物、宅配便等

・現金書留郵便
・内容証明郵便
・特別送達郵便等の
  特殊取扱郵便物
・セキュリティパッケージ等の
  貴重金配送
・金券や貴重品
・その他、法律に違反するもの
・140cmを超えるお荷物
・個数が多いもの
 ※保管、発送が困難なもの
(不在票対応となります)
・クール便
・生物
(不在票対応となります)
・本人限定郵便
(不在票対応となります)

引用:レゾナンス「郵便物転送業務のご案内」

バーチャルオフィス業界で最安ではない

レゾナンスの月額利用料金は、1,650円と格安になっていますがレゾナンスよりも安いバーチャルオフィスはいくつかあり最安ではありません。
特に法人登記を考えていない副業など個人事業主としてビジネスをしている方は、特商法に使用できるバーチャルオフィスを利用した方が安くなります。

たとえばNAWABARIの場合、入会費無料・月額1,078円で住所を借りることができます。

料金比較月額利用料初期費用
NAWABARI1,628円
(年払い1,078円)
0円
レゾナンス3,300円
(年払い1,650円)
5,500円
たけお

とにかく安く契約したい人はNAWABARIの記事も参考にしてください

>>NAWABARIについて詳しくみる

レゾナンスの評判・口コミ

レゾナンス レビュー
レゾナンス

レゾナンスはネット調査のバーチャルオフィス部門にて、「人気」「顧客利用満足度」「価格満足度」No.1に選ばれています。
実際Googleクチコミ等を調べても満足していると評価している人が多い印象です。

Googleクチコミの評価【レビュー星4.6】

評価まとめ

コストパフォーマンスが良い
郵便物の対応を任せられるので助かる
アクセスも便利
サービスが充実している
スタッフの対応が丁寧

副業の法人化のタイミングから登記と郵便の転送を目的に利用しています。

今後は会議室の利用なども検討しているので追々相談させていただきたいです。

スタッフさんの応対も丁寧でこれからも利用していきたいバーチャルオフィスだと思います。【星5】

引用:Googleクチコミ

起業のタイミングから約2年間利用しています。

もともと会社の規模拡大に合わせて自社オフィスを借りる予定でしたが特に不満もないのでそのまま使わせてもらっています。

郵送物の送付も柔軟に対応して頂けて満足です。

テレワークを導入しているのでこのまま使わせて頂きます。【星5】

引用:Googleクチコミ

コスパの良さに惹かれて他から移転しましたが、値段に対して提供している内容のクオリティが高く満足しております。

以前利用していたところは郵便物でトラブルが起きたり、対応について不満がありましたがこちらを利用してからそういった問題とは無縁ですね。

今後もお世話になりたいと思えるバーチャルオフィスです。【星4】

引用:Googleクチコミ

今まで他の会社のサービスを使っていましたが、値段相応でなく、安くコスパの良いところを探していたところ、このバーチャルオフィスがヒットしました。

いざ契約をさせて頂きましたが、¥1500という値段以上のサービスが受けられて大変満足が出来ました!

自信を持ってオススメ出来ます!【星4】

引用:Googleクチコミ
たけお

全体的に満足している口コミが多く、スタッフの対応が良いと評価している人が多いです

レゾナンスの申し込み方法

申し込みに必要な準備

レゾナンス 申し込み準備
レゾナンス

申し込みに必要な準備は、顔写真付きの身分証明書を1点用意しておけば大丈夫です。

・運転免許証(表裏)
・住民基本台帳カード(表裏)
・マイナンバー
・パスポート(顔写真のページ及び現住所記載のページ)
・住民票(6ヶ月以内)

上記の証明できるものが用意できない場合は以下の2点を準備すれば申し込みできるので安心してください。

2点必要のもの

・健康保険証
・公共料金明細
*3ヶ月以内の現住所記載 消印済み

申し込み手順

たけお

申し込み手順をステップごとに紹介します

STEP1:申し込みをする

レゾナンス 申し込みフォーム
レゾナンス

まずレゾナンスの申し込みサイトで「お申し込みフォーム」の入力をして、申し込みをしましょう。
来店して契約することも可能です

STEP2:入会審査に合格する

申し込みフォームの送信が完了すると、審査が始まります。

最短30分で結果が出ます

STEP3:入金を行う

審査が完了すると、クレジットカード決済URLの付いた請求書がメールで送られてきます。
また振込先口座が記載してあり、銀行振込にしたい場合はレゾナンスから指定された口座にお振込みをすればOKです。

STEP4:本人確認をする

入金が完了すると身分証明書記載のご住所に、本人確認のための簡易書留が送られてきます。
ちなみに来店契約の場合はその場で身分証明書(原本)を提示することで、本人確認ができます。

STEP5:本契約でサービス利用開始

本人様確認終了後、手続き完了となり郵便物の受取・電話サービスの開始となります。

まとめ

今回はバーチャルオフィス「レゾナンス」について解説しました。
さいごにまとめると

レゾナンスの基本サービスは

①住所貸し(法人登記もOK!)
②郵便転送

たけお

1番の特徴は法人登記ができる住所を、基本料金で借りれることです

レゾナンスを利用するには以下の料金が必要になります。

入会費:5,000円
デジポット:1,000円〜
月額利用料金:1,650円〜

たけお

1,000円代で住所が借りれる格安のバーチャルオフィスです

レゾナンスを使うメリットは以下の通りです。

特商法に基づく表記に利用可能
法人登記が基本料金で出来る
最初1ヶ月は無料で利用できる
誰でも利用が可能
都内一等地の住所を借りれる

レゾナンスのデメリットは以下の通りです。

地方に住所拠点がない
受取不可の郵便物がある
業界最安ではない

レゾナンスは、

小さく事業を始めて将来法人化したい人におすすめのバーチャルオフィスです

申し込みフォームで、紹介コードを入力してもらうと初月無料で利用できますので、試しに使ってみてください。

紹介コード「tcy-D」

以上参考にしてもらえたら嬉しいです!

たけお

最後までご覧いただきありがとうございました。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次