【節約】車を安く購入する方法【知っているだけで安く買える5つのコツ】

たけお

こんにちは、たけおと言います

今回は、

車を安く購入したい

どんなことに気をつければ良いのだろう?

購入以外にも気をつけないといけない所は?

こういった疑問や悩みにお答えます。

この記事を読むことで次のようなことが参考になります

車を安く購入する5つのコツ
購入以外にも考慮するべきこと

なるべく分かりやすく解説しますので、是非最後まで見ていって下さい。

それでは解説します。

目次

車を安く購入する方法【5つのコツ】

安くなる時期に購入する

安くなりやすい時期

決算期:3月、9月
ボーナス時期:7月、12月
その他:モデルチェンジ、増税前など

車を安く購入する方法の1つ目は、安くなる時期に購入することです。車屋さんが車を販売したいと思う時期に購入すると値引きし易くなります。販売したい時期を言うのは、新車の場合は主に決算月の3月や9月、ボーナス時期の7月、12月です。モデルチェンジや増税前なども値引きされやすいです。

相見積もりをとる

比較例

競合他社メーカーの相見積もり
系列の違う複数店舗の相見積もり

2つ目は、欲しい車のライバル会社や系列の違う複数店舗で相見積もりをとることです。相見積もりをとることで、相場が分かり安い店舗で購入することが出来ます。また、相場感を知っていると値引きし易いです。複数店舗で見積もりを取るときは、オプションを抜いた「本体価格」で取ることがポイントです。その理由は本体価格はオプションに比べて値引きされ難いので、初めから本体価格の安い店舗を絞ることができ、さらにオプションでの値引きが期待できます。

オプションの値引きを交渉する

3つ目はオプションパーツを値引きしてもらうことです。2つ目でも軽く説明しましたが、オプションは値引きに応じてもらい易いです。

主なオプションパーツ

今の車の買い取り・下取り額を高くする

ドアバイザー
フロアマット
ドライブレコーダー
ETCなど

4つ目の方法は、今載っている車を買い取りしてもらったり、下取りしてもらうときになるべく高く売れる状態にしておくことです。買い取りや下取りの基準は日本自動車査定協会によって設定されています。この基準に比べて良い状態だと高く評価され、悪いと低く評価されます。

査定のポイント

現金で購入

内装・外装
車検残数
修復歴
走行キロ数
エンジン・足回り・タイヤの状態

最後5つ目の方法は、購入をローンではなく現金で購入することです。ローンにしてしまうと金利分高くなり、さらに毎月の支払いが苦しくなります。次に解説しますが、車を持つだけで維持費や税金がかかるのでそれに車のローンが重なるととても大きい出費になります。

車の購入はローンではなく現金で買えるように事前に計画的に貯金しておきましょう。

購入以外にも考慮するべきこと

車を購入するときに購入費以外にも年間の出費で、気をつけないといけないことがいくつかあります。これを考えないで購入してしまうと、月々の出費が重くなり車を維持できないことになるかもしれません。

税金

たけお

車を保有していると毎年自動車重量税がかかります

自動車重量税は車の車両重量によって変わります。車を持っていない人が車を買う場合や、今乗っている車より重量が重い車を購入するときは、税金の金額が大きくなるので気をつけましょう。

自動車保険

車には必ず自賠責保険をつけないといけません。自賠責保険は車検時に更新します。さらに自賠責保険だけでは、保障が足りないため任意保険も掛ける必要があります。

また、任意保険で車両保険に入っている人は、保障の見直しで保険料が上がる場合があります。保険金の額も考慮しましょう。

駐車場

車を持つと駐車場代がかかります。今車を持っていない人で車を持つ時は、毎月駐車場代がどれくらいかかるか把握しておきましょう。

車検

車検は、車が安全を満たす状態にあるかを確認するための制度です。新車購入後は3年、以降は2年ごとに整備工場などで車検整備を受ける必要があり、その際には税金や整備費用などを支払うことになります。

燃料

車を走らすには、ガソリンなど燃料が必要になります。ハイブリットカーや電気自動車は燃費を抑えることができます。普段どれくらい車を走らすのかによって変わるので、毎月どれくらい燃料代がかかりそうか把握しましょう。

まとめ

今回は、車を安く購入する方法について紹介しました。

まとめると、安く購入するコツは

安くなる時期に購入する
相見積もりをとる
オプションの値引きを交渉する
今の車の買い取り・下取り額を高くする
現金で購入

になります。

車を安く購入できるコツを知っておくと、値引き交渉などで有利になりお得に購入できます。

また、購入以外にも

税金
自動車保険
駐車場
車検
燃料

など車にかかる費用も計算して、購入した後出費は苦しくないか考慮して購入しましょう。特に車を持ったことがなくこれから購入する人は、特に車の維持費を意識しましょう。車の出費を抑えたい人は以下の記事を参考にして下さい^^

最後までご覧いただきありがとうございました。

また会いましょう^^

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる