せどり便利ツール!Keepa(キーパ)の見方と使い方【仕入れ判断を解説!】

せどり初心者

キーパを導入したけどBuy Boxってなに?
英語だらけで見方や使い方が分からない‥

そんな疑問や悩みの方に役にたつ記事になります。

せどりのリサーチに使う「Keepa(キーパ)」ですが、見方や使い方が分かりづらいという人も多いと思います。

たけお

私も分からないことが多くKeepaの見方について調べたけど、結局どれを見たらよいか分からないってなってました^^;

商品をリサーチする時にKeepaの間違った見方をして、仕入れ判断を間違うと損をしてしまうこともあるためKeepa見方を理解しておきましょう。

たけお

ここで少し私の自己紹介を簡単します

たけおはこんな人

せどり歴:1年半
月の利益:8〜10万円以上(1年以上継続)
Keepaを使って毎月70〜80万円仕入れています

この記事で学べること

・Keepaの基礎知識
・仕入れで失敗しない為のキーパの見方と使い方
・Keepaで最低限見るべきところ

この記事を読んでおけばKeepaの見方と使い方が分かるようになり、仕入れの判断ができるようになります。

なるべく分かりやすく解説しますので、是非最後まで見ていって下さい。

たけお

まずキーパについて簡単に説明しますので、すでにKeepaを導入している人は、目次からKeepa(キーパ)の見方と使い方」に飛んで下さい

目次

Keepa(キーパ)とは

Keepaの基礎知識

たけお

次の画像は実際にKeepaを入れたAmazonの商品ページ画面です

Keepa(キーパ)の見方と使い方
引用:キーパ

KeepaとはAmazonで売られている商品の、価格変動の推移」「売れ筋ランキングの推移」「出品者数の推移」を『グラフ』で簡単に確認できるGoogleの拡張機能です。

Keepaには「無料版」と「有料版」があり、無料版でも利用することはできますが、価格の変動しか見れないなどの制限があるため、せどりでしっかりと稼ぎたい人は有料版がおすすめです

有料版の料金設定は以下のようになっています。

【有料版の値段】
月額15ユーロ(約1950円)
年額149ユーロ(約19,370円)
*1ユーロ=130円で計算

たけお

為替の影響で価格が変動します
迷っている方は月額がおすすめです

Keepaを使うメリット

・商品の情報がグラフで簡単に分かる
・トラッキング機能が便利

Keepaを使う1番のメリットは、売れ筋やライバルなどの情報をグラフで簡単に分かることです。


またKeepaにはトラッキング機能という便利な機能が付いています。
トラッキング機能を使うことによって、Amazonで通常より販売価格が安くなっている商品を仕入れることが出来ます^^
トラックキング機能については、後で詳しく解説します。

Keepaのデメリット

・Chromeなど一部ブラウザでしか使えない
・有料版でないとあまり使えない

Keepaを使用できるブラウザ

・Google Chrome
・Opera
・Vivaldi
・Firefox

KeepaはChromeなど一部のブラウザでしか使えないことがデメリットになります。
MacでもGoogle Chromeをダウンロードしてインストールすれば、 Chromeで使えば問題ありません。

ランキングやライバル数といった大事なデータを見るには、有料版の登録が必要になります。
そのため毎月約2,000円の費用が発生してしまいます。

Keepa(キーパ)の見方と使い方【最低限見るべきポイント】

せどり初心者

いっぱいグラフがあるけど
結局どこをみたら良いの?

たけお

Keepaの見方と最低限みておくべきところを解説します

Keepaで最低限見るべきポイント

①価格変動の推移
⇒どれくらいの値段で売れているか?

②売れ筋ランキングの確認
⇒きちんと売れている商品か?

③出品者の確認
⇒ライバルはどれくらいいるか?
安全に出品できるか?
出品規制はなさそうか?

ポイント①:価格変動の推移を見る(どれくらいの値段で売れている?)

価格変動の推移のグラフで最低限見ておくべき項目は次の通りです。

・新品価格
・Buy Box(カート価格)
・Amazon本体価格
・New 3rd Party(自己発送の最安値)
⇒自己発送する場合

特にBuy Box(カート価格)は実際に売れている値段ですので、一番重要なグラフです!

新品

Keepa(キーパ)の見方と使い方
引用:キーパ
新品価格の見方

・新品出品の最安値
・自己発送の場合は送料除いた価格

新品はAmazonで売られている商品の「新品の最安価格」です。グラフの右側の「新品」をクリックすると新品の価格のグラフが現れます。

ただし新品の最安値価格が自己発送の出品者だった場合送料が新品の価格の中に含まれていない為、商品の正確な最安値価格は次に説明する「Buy Box」になります。

Buy Box(カート価格)

Keepa(キーパ)の見方と使い方
引用:キーパ
Buy Box(カート価格)の見方

・Amazonのカート価格
・基本この値段で売れている

Buy BoxはAmazonでのショッピングカートで売れている値段で、「実際に売れている価格」一番大事なグラフです。
グラフの右側の「Buy Box」をクリックするとBuy Boxの価格のグラフが現れます。

Amazon キーパ
引用:Amazon

ショッピングカートとは、Amazonの販売画面のトップページの右側に表示される「カートに入れる」ボタンのことです。

出品者が多数いる場合、その出品者の中から1人だけ選ばれてカートに表示されます。

カートを取得する出品者はAmazonが選んでおり、基本は最安値の出品者がカートを取得できます。

たけお

Amazonで売るにはカートが取得できるかが一番大事になります!

グラフにカーソルを持っていくとピンク色の枠でBuy Boxと表示され、金額と販売者が「FBA販売」「自己発送販売」「Amazon直販」なのかが分かります。

Keepa(キーパ)の見方と使い方
引用:キーパ

by 3rd Part FBAFBA
by 3rd Party FBM自己発送
by AmazonAmazon直販

Amazon

Keepa(キーパ)の見方と使い方
引用:キーパ
Amazon価格の見方

Amazon本体(直販)の出品価格

Amazon「Amazonが直接販売している商品の価格」です。グラフの右側の「Amazon」をクリックすると Amazonの価格のグラフが現れます。

基本はAmazonが販売している価格が最安値だと、Amazonがカートを取得します。

Amazonが常時販売している商品はカートが取得しにくくなります。

ただし、Amazon直販の価格より値段を下げて売っても利益がとれる商品の場合は、Amazonより値段を下げればカートを取得できる可能性があるので、仕入れ対象になる場合もあります。

たけお

Amazonがいても売れるかの判断が慣れるまで難しいため、初心者の方は仕入れを避けることをおすすめします。

ちなみに「Data」⇒「Buy Box Statistics」で各出品者のカート取得率が確認できるので、Amazonがどれくらいカートをとっているのかを確認できます。

Keepa(キーパ)の見方と使い方
引用:キーパ
たけお

上の画像の場合Amazonのカート取得率は7%だと分かります

Amazonのカート取得率が高いほど、販売したい商品のカート取得は難しくなります。

仕入れに慣れた人は、『Amazonのカート取得率が何%以下なら仕入れよう』と、自分でルールを決めて仕入れると良いです。

たけお

ちなみに私の場合はAmazonのカート取得率が70%以下で、Amazonより安値で販売できるなら仕入れ対象にしています

New 3rd Party(自己発送の最安値)

Keepa(キーパ)の見方と使い方
引用:キーパ

New 3rd Partyは、FBAで販売していない「自己発送の最低価格」です。グラフの右側のNew 3rd Partyをクリックすると自己発送の最低価格のグラフが現れます。

自己発送をする場合はNew 3rd Partyもよく確認しておきましょう。

ポイント②:ランキング、販売数の確認(しっかりと売れている?)

ランキングは見たい商品のジャンル売れ筋ランキングを確認しましょう。

売れ筋ランキング

Keepa(キーパ)の見方と使い方
引用:キーパ
売れ筋ランキングの見方

・その商品のジャンルのランキング
・どれくらい売れているかが分かる
・ランキング上昇時(緑の線が下方向に折れた時)に売れている

売れ筋ランキングはその商品が同じジャンルの中で、「どのくらい人気がある商品」なのかがわかります。右側の「売れ筋ランキング」をクリックするとランキングのグラフが現れます。

下のグラフの画像のように商品が売れるとランキングが上がる為、売れ筋ランキングの波形を見ることでその商品がどれくらい売れているのかがわかります。

Keepa(キーパ)の見方と使い方
引用:キーパ
たけお

上記の画像の場合4回ランキングが上がっていることが分かりますので、この期間4個売れているということです

ジャンルにもよりますが、基本は3桁のランキングなら高回転で売れている商品です。

また、よく売れる商品は下記の画像のようにランキングの波形がギザギザしているのが特徴です。

Keepa(キーパ)の見方と使い方
引用:キーパ
せどり初心者

1ヶ月に何個売れるか具体的に知りたい
なんか簡単に調べる方法はないの?

たけお

Deta]→「ProductDetails]→「売れ筋ランキング – Drops last OO days」を見ると過去の販売個数のデータが分かりますよ

売れ筋ランキング – Drops last 30 days
⇒過去30日間の販売個数
売れ筋ランキング – Drops last 60 days
⇒過去60日間の販売個数
売れ筋ランキング – Drops last 90 days
⇒過去90日間の販売個数

Keepa(キーパ)の見方と使い方
引用:キーパ

ポイント③出品者数の確認(ライバルは多いか?)

最後に出品者数の推移も良く確認しておきましょう。

出品者数(新品アイテム数)

Keepa(キーパ)の見方と使い方
引用:キーパ
出品者数の見方

・ライバルの人数が分かる
・1人か急減の場合は要注意
・急増の場合は値崩れに注意

出品者数では「ライバルがどれくらいいるか」が確認できます。グラフの右側の「新品アイテム数」をクリックすると新品で出品しているライバル数のグラフが現れます。

出品者数は基本少なければ少ないほど、プレ値になって商品が高く売れやすいため、利益が取りやすくなります。

出品者数1または一気に減っている場合は要注意

ずっと出品者数が1になっているまたは、出品者数が一気に減っている商品は出品規制がかかって出品者が出品を取り下げている可能性があるので、仕入れない方が良いです

<出品者数がずっと1のグラフ>

Keepa(キーパ)の見方と使い方
引用:キーパ

<出品者数が激減したグラフ>

Keepa(キーパ)の見方と使い方
引用:キーパ
たけお

メーカーからの警告知的財産権の調査によりAmazonで販売で販売できなくなる可能性があります^^;

急増している場合は値崩れに注意

出品者数が急増している商品は価格競争が起きて、値崩れしていく可能性がありますので気をつけましょう!

たけお

下の画像は出品者5人の時に27,800円で販売されていた商品です

Keepa(キーパ)グラフ値崩れ
引用:キーパ
たけお

出品者が41人に急増して価格は23,000円まで値下がりしたのがわかります

Keepa出品者数の変化
引用:キーパ

1ヶ月に売れそうな個数の判断の仕方

ランキングで「1ヶ月に何個売れるか」と「出品者数」が分かると、どれくらい仕入れて良いのかが分かります。

(例)1ヶ月に30個売れる商品で出品者が9人の場合
  • 出品者数9人+自分で10人
  • 30個÷10人で1ヶ月に1人あたり3個売れる計算になります
たけお

商品を3個まで仕入れれば1ヶ月で売り切れるなぁ』と仕入れ個数の判断ができます。

ただし、実際にはライバルの在庫状況カートの取得状況で売れる個数は変わってくるので、あくまで大まかな判断になります。

トラッキング機能

Keepa(キーパ)トラッキング機能
引用:キーパ

・指定した金額以下で通知してくれる
・Amazon刈り取りができる

トラッキング」とは設定した商品のAmazonでの販売価格が指定した金額以下になったら、メールで通知してくれる機能です。

Amazon直販の在庫復活などで価格競争が起きて値下がり、指定した値段に達した場合に通知がきてAmazonで利益商品を仕入れることができます。

Amazonで安く仕入れてAmazonや楽天などの他販路で売ることを「Amazon刈り取り」とも言います。

たけお

過去に何回か下がっている商品を見つけて、トラッキングしておくと良いですよ

まとめ:Keepa(キーパ)を正しく見て利益商品を見つけよう

今回はせどりのリサーチツールKeepa(キーパ)について解説しました。

KeepaとはAmazonで売られている商品の、価格変動の推移」「売れ筋ランキングの推移」「出品者数の推移」をグラフで簡単に確認できるGoogleの拡張機能です

【価格変動の推移】

・新品
・Buy Box(カート価格)
・Amazon
・New 3rd Party(自己発送の最安値)

価格変動の推移を見ることで、Amazonで売れている商品の価格の推移がすぐにわかります 。特にBuy Box(カート価格)は実際に売れている値段ですので、絶対に確認しておきましょう!

たけお

「価格が安定しているか」、「Amazonの直販はないか」かなどを注意して見ましょう!

【ランキング、販売数】

・売れ筋ランキング
・売れ筋ランキング – Drops last 30 days

売れ筋ランキングの波形で商品がどれくらい売れているのかが確認できます。自分が販売したい商品はどれくらいの期間で売れそうか?よく確認してから商品の仕入れを行いましょう。

また、「売れ筋ランキング – Drops last 30 days」を見ると、具体的にこの30日間でどれくらい売れているかも分かります。

たけお

売れている個数と出品者数を計算して、自分はどれくらいの個数を売れそうか確認しましょう。

【出品者数の推移】

・出品者数

出品者数を見るとライバルの人数が分かります。

出品者数を確認して、以下の場合は注意が必要です!

1人か急減の場合はメーカからの警告に要注意
急増の場合は値崩れに注意が必要

このような商品は初心者は手を出さない方が無難ですので、仕入れを避けましょう。

最後にKeepaで覚えておくと便利な機能の一つに「トラッキング機能」もあります。トラッキング機能を使うとAmazonで安く仕入れて、Amazonや楽天などの他販路で売ることで利益をだすことができます。

使ったことのない方は是非試して下さい。

以上参考にしてもらえたら嬉しいです!

たけお

最後までご覧いただきありがとうございました。また会いましょう

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次