【初心者向け】ふるさと納税とは?【やり方とおすすめのサイト】

ふるさと納税って何?
やり方を教えて

どのサイトがおすすめ?

そういった疑問や悩みにお答えます。

【本記事の内容】

・ふるさと納税について
・実際の流れ
・おすすめのふるさと納税サイト

たけお

私はふるさと納税について数年前に知り知ってから毎年5〜6万円ほどふるさと納税しています^^

実際ふるさと納税で経験した事も含めてなるべく分かりやすく解説しますので、是非最後まで見ていって下さい。

それでは早速解説します。

目次

ふるさと納税について

約2,000円の自己負担で返礼品がもらえるお得な制度

ふるさと納税とは、地域に寄附した金額のうち自己負担額2,000円を超える分について、確定申告をすることで所得税住民税から控除還付を受けられる制度のことです。さらに寄付した自治体から返礼品が送られてきます

たけお

確定申告後指定した口座に所得税の還付額の振り込みと6月からの住民税から残りの金額が控除されて引かれます^^
*後ほど説明するワンストップ特例では住民税のみです

ふるさと納税はさらに次の様な特徴があります。

返礼品がもらえる
確定申告で寄付額が税金から控除
ワンストップ特例で確定申告不要
寄付金には上限がある
自分のふるさとでなくても寄付できる

返礼品がもらえる

ふるさと納税の1番の魅力は、寄付した自治体から返礼品が送られてくることです

選べる返礼品は自治体のご当地品等色々な種類があります。選べる返礼品の数はふるさと納税サイトによって違いますが、楽天ふるさと納税で約32万件、さとふるで約40万件です。

*2021年12月時点

約30〜40万件の返礼品の中から選べます

【返礼品の例】

お米
お肉
お魚
日用品
電化製品
お酒
野菜
お菓子・スイーツ
旅行・チケット

たけお

自治体の特産品を選ぶと自分が行かなくてもご当地食材味わえます。

おすすめの返礼品を紹介した記事も良かったら合わせてご覧ください^^

確定申告で寄付額が税金から引かれる

確定申告する事で2,000円を超える寄付額が税金から引かれます。

【確定申告で必要なもの】

・源泉徴収票
・パソコンもしくはスマホ

確定申告と聞くと難しそうなイメージがあると思いますが、国税庁の公式サイトの確定申告書等作成コーナー』で案内にそって入力するだけなので、誰でも簡単に確定申告できるので安心して下さい^^

引用:国税庁

提出もオンラインや郵送でOKなので税務署に行く必要もありません

たけお

私もふるさと納税で初めて確定申告書を作成しましたが、特に問題なく思ったより簡単に作成して提出することができました^^

ふるさと納税の確定申告のやり方を、国税庁とコラボしている『大河内薫のマネテリ学園』のYouTubeで解説した動画がとても分かりやすいので参考にしてください^^

たけお

私もこの動画をみて確定申告書を作成しました^^

ワンストップ特例を申請すると確定申告不要

サラリーマンなど年末調整をしている方で、ワンストップ特例制度を使えば確定申告は不要になります。その場合、翌年の住民税から税金を控除してくれます^^

たけお

ちなみに確定申告した時とトータルで引かれる金額は変わらないので、どっちがお得とかはありません。

【ワンストップ特例で必要なもの】

・ワンストップ申請書
・本人確認書類
 (マイナンバーのコピー等)

【申請の流れ】

1. 寄付時にワンストップ特例を希望する
2.郵送された申請書に必要項目を記入する
3.申請書を身分確認書類を寄付した自治体に送付する

寄付時にワンストップ特例を希望する

ワンストップ特例を使うには申告書と身分確認書類の提出が必要です。申告書は寄付するときに「ワンストップ特例申請を希望する」にしておくと自宅に郵送されます。

たけお

ワンストップ申請書は早ければ数週間程度で届きます^^

もし間違えて申請書を希望しないにした場合は、ふるさと納税サイトから印刷ができるので印刷して使いましょう。

郵送された申請書に必要項目を記入する

送られてきたワンストップ特例申告書に住所や名前など必要項目を記入しましょう。

申請書と身分確認書類を寄付した自治体に送付する

記入した申請書と本人確認書類を一緒に、寄付した自治体へ送付すれば申請が完了します。

【身分確認書類】

引用:楽天ふるさと納税
たけお

寄付した全ての自治体に送る必要があるので結構大変です^^;

ワンストップ特例の注意点

・5自治体以内に寄付
・年末調整をされる方のみ
・確定申告すると無効になる

また、会社員や公務員であっても6つの以上の自治体に寄付した場合は使うことができないので注意が必要です。

たけお

ワンストップ特例制度は年末調整をされる会社員や公務員が使える制度で、元々確定申告が必要な個人事業主は使えません^^;<

さらにワンストップ特例を自治体に申請しても、その後別の控除などで確定申告をしてしまうとワンストップ特例制度による申請は無効になってしまうので、その場合は必ず寄付控除も忘れずに記入しましょう。

上限金額がある

寄付金には年収・家族構成によって上限があります楽天ふるさと納税のサイトなどの簡単シミュレーションを使うことで簡単に上限金額を知ることができます。

例)独身年収500万円の場合
約6万3,000円の寄付が上限金額

2021年に6万3,000円寄付した場合
自己負担2,000円を引いた6万1,000円の税金が、翌年の2022年に所得税と住民税から控除や還付されます

上限金額を超えてしまと税金から引かれず損してしまいます^^;

たけお

寄付する前に必ず自分の上限金額を確認しておきましょう

自分のふるさとでなくても寄付できる

ふるさと納税で寄付する自治体は、自分の生まれ故郷でなくてもふるさと納税を行っている自治体ならどこでも出来ます^^

たけお

好きな返礼品を選んで寄付したり、応援したい自治体を選んで寄付したり自由に出来ます

実際ふるさと納税の流れ

STEP
STEP

1.ふるさと納税サイトで寄付する
2.返礼品と証明書が届く
3.控除の手続きをする
4.税金が控除・還付される

ふるさと納税サイトで寄付する

引用:楽天ふるさと納税

まずはふるさと納税サイトを使って欲しい返礼品や寄付したい自治体を探しましょう

欲しい返礼品や寄付したい自治体が見つかったら実際に寄付します。

たけお

ネットでお買い物する感覚で簡単に自治体に寄付できちゃいます。

返礼品と証明書が届く

寄付が完了したら寄付した自治体から返礼品と証明書が届きます

*返礼品を証明書は別々で届きます。届いた証明書は確定申告で必要になるので捨てないで必ず保管しておきましょう!

たけお

画像のお米は私が実際寄付して届いた返礼品です^^
10,000円の寄付で15kgのお米が届き、お米をしばらく買わなくて良くなりました!
重いでも自宅に届くのでかなり楽ですよ^^

【ふるさと納税】ほたるの灯り 白米 15kg (5kg×3袋) 令和3年産 計10kg以上 ほたるのひかり 米 お米 精米 熊本県産 くまもと 国産 送料無料

控除の手続きをする

引用:国税庁

確定申告書を作成して証明書と共に最寄りの税務署に提出しましょう。

提出の方法はオンライン、郵送、直接税務署へ持っていくなどがあります。

たけお

私は印刷して郵送で送りました^^

税金が控除・還付される

確定申告後所得税は指定した銀行に振り込み住民税は6月の税金から控除されます。

税金が還付・控除されたか確認しましょう!

たけお

特に住民税は6月と忘れる頃にやってくるので、スマホなどのカレンダーにメモして、きちんと控除されているか住民税の納税通知書を確認することが大事です。

おすすめのふるさと納税サイト

楽天ふるさと納税

引用:楽天ふるさと納税

返礼品数約32万件(2021年12月時点)
ふるさと納税初心者におすすめ
楽天ユーザーにおすすめ

ふるさと納税初心者の方は、『楽天ふるさと納税』を使う事をおすすめします。なぜ楽天がすすめかというと返礼品の数がふるさと納税サイトの中でも多く、お買い物する感覚で簡単に寄付することができるからです!

また、もらえるポイントがかなり多く、ポイントによってふるさと納税の事務手数料の2,000円も実質無料にすることもできます

たけお

楽天は日々さまざまなポイントアップイベントを開催しており、このイベントで寄付すると10%以上の高還元など簡単に多くのポイントがもらえます^^

2万円の寄付をしたら10%還元で2,000ポイントもらえるので、手数料の2,000円分が実質無料になりますね、この貰ったポイントでふるさと納税することもできます。

楽天ふるさと納税については以下の記事で詳しく解説していますので、興味のある方は是非合わせてご覧ください。

さとふる

返礼品数約40万件(2021年12月時点)
PayPayユーザーにおすすめ

さとふるではPayPay残高を使ってふるさと納税することが出来る為、PayPayユーザーの方におすすめできるサイトです。

さらにPayPay残高の支払いで+5%戻ってくるキャンペーン等で、PayPayボーナスをたくさんもらえます!

 まとめ

ふるさと納税についてまとめると次のような特徴があります

返礼品がもらえる
確定申告で寄付額が税金から控除
ワンストップ特例で確定申告不要
寄付金には上限がある
自分のふるさとでなくても寄付できる

ふるさと納税とは、地域に寄附した金額のうち自己負担額2,000円を超える分について、確定申告をすることで所得税と住民税から控除や還付を受けられる制度のことです。

税金を前もって納付してさまざまな返礼品がもらえるお得な制度です。

たけお

お得すぎて改悪が心配くらいです^^

実際のふるさと納税の流れは

1.ふるさと納税サイトで寄付する
2.返礼品と証明書が届く
3.控除の手続きをする
4.税金が控除・還付される

はじめめんどくさそうと思いますが、寄付自体もお買い物する感覚で確定申告書の作成も国税庁のサイトで簡単に出来ます。少し手間はありますが、約2,000円で返礼品がもらえるお得な制度なので是非活用しましょう^^

どうしても確定申告するのが嫌だという人は、ワンストップ特例を申請すれば確定申告も必要なくなります。

おすすめのふるさと納税サイト

楽天ふるさと納税
さとふる

おすすめのふるさと納税サイトは楽天ふるさと納税です!誰でも簡単に寄付することができて、たくさんポイントがもらえるサイトなので、ふるさと納税初心者の方でもおすすめできます

また、PayPay決済を使いたい方は、『さとふる』をおすすめします。さとふるはPayPayが使えるだけでなく、PayPayがもらえます。

たけお

最後までご覧いただきありがとうございました。また会いましょう^^

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次