初心者必見!AmazonFBA販売【出品のやり方】

たけお

こんにちはたけおと言います^^

AmazonFBAで初めて出品したいんだけど‥

初心者

FBA出品のやり方がわからない

初心者

FBAで販売する流れが知りたい

たけお

そんな悩みや疑問にお答えします!
私もそうでしたが、Amazonで出品ってなんか難しそうと感じますよね^^;

でも実際やってみるとAmazonでの出品はとても簡単で、一回やってしまったら次やる時は同じ作業を行うだけで良くラクに販売することができます^^

初めは面倒で大変ですが、やりながら覚えていきましょう^^

この記事の学べること

AmazonFBA出品のやり方

たけお

私は今までに700個以上の商品をAmazonFBAを利用して売ってきました^^

そんな私が、実際にAmazonFBAに出品する方法を写真を使って初心者でも分かりやすく手順を紹介しますので、FBA出品作業に不安な方は是非参考にしてください。

Amazonのセラーアカウントを既に持ってい方は、目次からFBA出品の手順まで飛んで下さい。

それでは解説します。

目次

AmazonFBAで出品する前に知っておきたいこと

たけお

まずはAmazonFBAについて少し解説します

FBAとは?

まずAmazonFBAについて簡単に説明します。

AmazonFBAとはAmazon保管・注文処理・配送・返品・クレーム対応を代理で全てやってくれる、出品者にとって物凄く便利なサービスです。

商品を登録してAmazonの倉庫に送ってしまえばAmazonが注文を受けて発送してくれたり、返品クレーム対応もしてくれるので、時間の節約にもなります

たけお

私は販売している商品の9割以上をFBAを利用しています
本業の合間にせどりの作業をしているので、販売をサポートしてくれるのはとても助かってます

FBAで販売出来ない商品

AmazonFBAで出荷することができない商品があるので、気をつけましょう。

AmazonFBAで販売することのできない商品は以下のとおりです。

・常温で保管できない商品
・動植物
危険物および化学薬品
出品に必要な届出や許可取得などが行われていない商品
・医療機器
・医薬品
・金券類
・ゴールド、プラチナ、銀などの貴金属バー・インゴット・地金
・金貨・銀貨・銅貨・記念コイン
・古銭・古札
・プログラムのポリシーによって出品が禁止されている商品
・リコール対象の商品、または日本で販売が禁止されている商品
・ネオジウム磁石および、その他の商品に影響を及ぼす恐れのある磁性商品

仕入れた商品がFBAで販売できない危険物出品規制の対象だったということもあるので、仕入れ前に良く確認しましょう

セラー(販売用)アカウントの登録が必要

・Amazon販売するのに登録が必要
・2つの出品プランがある

①小口出品
月額登録料: 無料
基本成約料: 商品1点ごとに100円
②大口出品
月額登録料: 月額5,390円
基本成約料: なし
・月50個以上販売するなら大口登録がおすすめ
・大口登録の方がカートが取りやすい

Amazonで仕入れた商品を販売するにはAmazonのセラーセントラルという、出品用アカウントの登録が必要です。
出品用アカウントの登録には2種類のプランがあり、月額無料の小口出品登録月額5,390円大口出品登録があります。

登録の際に必要になる物は以下の通りです。

Amazon販売用アカウント登録時に必要になる物

・顔写真付き身分証明書
・過去180日以内に発行された取引明細書
・ビジネス用のEメールアドレス
またはAmazonアカウント
・電話番号
・クレジットカード
・銀行口座番号
(売上金の受け取り口座)

>>Amazonセラーアカウントの登録

Amazonで商品を販売する場合、特定商取引法により事業者の電話番号や住所を公開することになります。
そのため副業等で自宅を事業所として作業している場合は、自宅住所を登録して公開しないといけないので注意が必要です。

もし自宅住所を公開したくない人は、
>>ネット販売で自宅住所を公開せずに販売する方法』の記事を参考にしてください

大口出品

月額登録料: 月額5,390円
基本成約料: なし
カート取得をしやすい

大口出品は基本成約料はありませんが、月額5,390円の登録料がかかります。
またAmazonで販売した際に、カート取得がしやすくって商品が売れやすく特徴があります。

カートとは?

Amazonの販売ページで表示される「カートに入れる」の出品
通常購入者はここから商品を購入する
カートで出品できるの出品者はAmazonが選んでいる

せどり Amazon カート
たけお

大口出品は月に約50個以上販売のある方や、Amazonで本格的に売りたい方におすすめです

小口出品

月額登録料: なし
基本成約料: 商品1点ごとに100円の手数料

小口出品は月額登録料が無料の代わりに、販売された商品1点毎に100円の手数料がかかるプランです。

たけお

小口出品は、とりあえず少ない商品をAmazonで販売したい人におすすめ

小口登録の場合はカートが極端に取りにくいため、販売のスピードが遅い場合があります

FBA出品手順①:商品を登録する

たけお

FBA出品のやり方を順番に解説していきます

商品登録には「カタログ(商品ページ)を新規で作成して登録する方法」と、「すでにカタログが存在するもので登録し相乗り販売する方法」の2種類の方法があります。

今回は、初心者でも簡単にすぐに出品できる「すでにカタログが存在するもので登録し相乗り販売する方法」で商品登録するやり方を紹介します。

1:JANコードの取得

まず販売したい商品のJANコードを取得しましょう。JANコードは商品の箱のバーコードを見たり、電脳仕入れの場合は仕入れ先の商品ページで取得できます。

ヤフショ JANコード
引用:ヤフーショッピング
たけお

例えばPayPayモールでは商品ページの中間にあります

JANなければ商品名や製品型番で商品登録で検索します。

2:「商品登録」で検索

FBA 商品登録
引用:Amazonセラーセントラル

次にセラーセントラルの「商品登録」の検索窓に取得したJANコードを入力します。

3:「この商品を出品する」をクリック

引用:Amazonセラーセントラル

出品したい商品が見つかったら、出品したいコンディションを選択して「この商品を出品する」をクリックしましょう。

この時「この商品を出品する」でなく「出品許可を申請」となっている場合は、出品規制がかかっているため、解除しないと販売出来ません^^;

制限を解除するにはどうしたら良いの?

たけお

出品制限の解除にはいくつか方法がありますが、基本は請求書など必要な書類を提出して審査が通れば出品制限が解除できます。

【必要な書類の例】

メーカーや卸売業者の請求書
メーカーやブランドの販売許可証等

*詳しくは「出品規制を申請」をクリックすると制限の内容と必要な書類が表示されます。

たけお

中にはクリックしただけで解除できるパターンもあるので一回クリックしてみるのがおすすめです

4:出品情報を入力する

FBA出品登録
引用:Amazonセラーセントラル

右上の詳細をクリックすると画像のように入力する項目が増えます。

*印の欄だけを入力しておけば商品登録はできますが、以下の項目は入力した方がよいです。

・出品者SKU
・販売価格
・コンディション
・コンディション説明
・フルフィルメントチェネル

たけお

それぞれの詳細を説明します

出品者SKU

商品毎に使い分けられる管理番号です。

出品者SKUの入力は必須ではないですが、「仕入日」「仕入れ先」「仕入れ価格」などを入力しておくと販売するときに管理しやすくなります^^

例えば2022年3月1日楽天市場(R)3,000円で仕入れた商品の場合「20220301-R3000」と入力しておくとSKUを見ただけで仕入れの情報がわかるようになります^^

たけお

損益分岐点などお好みで設定しておく価格改訂の際に便利ですよ

販売価格

販売価格には販売したい値段を入力しましょう。

FBAに納品している間に価格が上がる可能性もありますので、とりあえず販売したい値段の+500円くらいに設定しておくこと良いです

たけお

私の失敗談ですが、販売価格の数値を1桁少なくして販売してしまい損をした経験があります^^;

販売前に価格がおかしくないかもう一度在庫商品からチェックしておくようにしましょう。

コンディション

コンディションに応じて商品の状態を選択します。商品を新品で出品する場合は「新品」を選択しておきましょう。

たけお

コンディションは一度決定してしまうと後で変えることはできないです

コンディション説明

FBAを利用して販売する際は、コンディション説明に「Amazon配送センターから365日年中無休、24時間以内に出荷致します。確認・返品・返金等のお問い合わせにつきましても、Amazon.co.jpカスタマーサービスが丁寧に対応させて頂きますので安心してお買い物ください」などと表記しておくと良いです。

中古品販売の場合は、商品の状態を詳しく書いておきましょう。

たけお

コンディション説明は記入しなくても出品登録はできますが、購入者さんが安心して購入できるように書いておくと親切です

フルフィルメントチェネル

・出品者から出荷→自己発送
・Amazonから出荷→FBA発送

フルフィルメントチェネルでは自分で配送するかAmazonFBAを使って配送するかを選びます。

たけお

AmazonFBAを利用して販売する場合は「Amazonから出荷」を選択しておきましょう。

5:入力を保存して登録完了

出品情報の入力が終わったら「保存して終了」をクリックして出品登録は完了です〜^^

たけお

出品したい商品を一つ一つ登録しましょう

FBA出品手順②:納品手続きとラベルを印刷する

たけお

次に商品登録した商品をFBAへ納品する手続きラベルの印刷をします
印刷するラベルは商品ラベル納品ラベルの2種類で、納品手続きの中で印刷できます。

1:FBA納品手続き開始

FBA 納品手続き
引用:Amazonセラーセントラル
FBA 納品手続き
引用:Amazonセラーセントラル

セラーセントラルの「在庫」→「FBA納品手続き」→「Amazonへ納品」をクリックしてFBA納品手続きを開始します

2:納品する商品を選択し個数を入力

FBA 納品手続き
引用:Amazonセラーセントラル

必要な梱包準備とラベルの貼付の詳細」をクリックします。

FBA 納品手続き
引用:Amazonセラーセントラル

梱包要件を「梱包不要」に選択して「保存」をクリックします。

FBA 納品手続き
引用:Amazonセラーセントラル

商品数を入力して「梱包準備完了」をクリックします。

3:商品ラベルを印刷

FBA 納品手続き
引用:Amazonセラーセントラル

個別の商品の梱包」をクリックします。

FBA 納品手続き
引用:Amazonセラーセントラル

内容を表示」をクリックします。

FBA 納品手続き
引用:Amazonセラーセントラル

SKUラベルの印刷フォーマットでラベルのサイズを選択し「SKUラベルをすべて印刷」をクリックして商品ラベルを印刷しましょう。

FBA 納品手続き
引用:Amazonセラーセントラル

商品ラベルの印刷にはAmazonFBA商品ラベルが必要です!

FBA 納品ラベル
たけお

ラベルは貼って剥がせるタイプがおすすめです
私はエレコムの40面100枚入りのラベルが、たくさん貼れてるので気に入って使ってます

4:輸送箱のサイズと重量を入力

FBA 納品手続き
引用:Amazonセラーセントラル

梱包情報で1つの箱で送る複数の箱で送るかを選択して確定(今回は1つの箱で送るを選択します)

FBA 納品手続き
引用:Amazonセラーセントラル

輸送箱の寸法と重量を入力して「梱包情報を確認」をクリックします。

FBA 納品手続き
引用:Amazonセラーセントラル

確定して続ける」をクリックして進めます。

5:出荷の情報を入力する

FBA 納品手続き
引用:Amazonセラーセントラル

「出荷日」「配送モード」「配送業者」を選択して入力し、「請求額を承認して出荷通知を送信」をクリックして確定します 。
*出荷日が不明の場合は予定日を入力すれば大丈夫です。

配送モードとは納品の輸送方法
個口配送→商品を個別の個別の輸送箱に梱包して配送
パレット配送→パレットに輸送箱を積載して配送

配送業者割引料金で配送できるFBAパートナーキャリアそれ以外の配送業者から選べます。

FBAパートナーキャリアはヤマト運輸日本郵便の2つの業者があり、ヤマト運輸の輸送料金の割引が最大67%OFFとかなり大きいので、FBAパートナーキャリアヤマト運輸を選択するのをおすすめします^^

FBAパートナーキャリアヤマトについて詳しく知りたい方は、『FBAパートナーキャリアヤマト』を参考にしてください。

6:納品ラベルを印刷

FBA 納品手続き
引用:Amazonセラーセントラル

輸送箱ラベルを印刷の「印刷」をクリックして、納品ラベルを印刷しましょう。

FBAパートナーキャリアヤマト運輸は専用のラベルに印刷、それ以外はA4のコピー用紙に印刷しましょう。

FBAパートナーキャリアヤマトの専用ラベルは、ヤマトで無料で貰えます^^

〈用意する方法〉
1:ヤマトカスタマーセンターに電話をする
2:ヤマト専用サポートアドレスにメールをする
3:営業所を検索し電話をする
4:ヤマトビジネスメンバーズのメインメニューによりweb注文(アカウントがある人のみ)

〈必要なラベルの品番〉
レーザープリンタ→322番
インクジェットプリンタ→396番

たけお

「プリンタ印刷配送ラベルの(322番or 396番)を送って下さい」と伝えると約2〜3日で自宅に届けてもらえます

FBA出品手順③:商品を梱包して商品ラベルを貼る

AmazonFBAはかなり便利なサービスですが、Amazonの倉庫に送るまでにいくつか梱包など納品のルールが決まっています

ルールを守って梱包しないと、Amazon倉庫で商品を受け取ってもらえず販売出来きません

どんなルールがあるの?

FBA納品のルール

・使用可能な輸送箱や緩衝材で納品する
・梱包ルールに基づいて商品を梱包する
・商品や輸送箱の既存のバーコードは隠す

FBA納品で使用できる輸送箱と緩衝材

FBA納品時に使用可能な輸送箱

FBA輸送箱サイズ
引用:Amazonセラーセントラル
小型標準サイズの場合

3辺合計サイズ:160㎝まで
総重量:30kg以下
50㎝×60㎝×50㎝より小さい箱

たけお

サイズや重さに気をつけましょう!

小さくした加工した輸送箱の使用は禁止されているので注意

FBA納品時に使用可能な緩衝材

使用可能な緩衝材

プチプチ(エアキャップ)
クッション材
紙(新聞紙など)

輸送中に商品を守る緩衝材も使用できるのは、「プチプチ」「クッション材」「紙」と決まっています。

バラの発泡緩衝材やシュレッダー裁断紙は使えません

商品の梱包

FBA梱包
引用:Amazonセラーセントラル

割れやすい商品は緩衝材で包んでから箱にいれるセット商品は商品を袋やシュリンクラップでまとめて梱包するなどして輸送箱に詰める必要があります。

間違った方法での梱包やAmazonの倉庫に納品した時に商品が破損していた場合、販売できなくなります;;

たけお

梱包ルールは事前によく確認しておきましょう!

商品によって梱包のやり方が決まっていますので、FBA納品の詳しい梱包のやり方については、『AmazonFBA納品の梱包のやり方』で詳しく解説していますので、参考にしてください。

商品ラベルの貼付

商品ラベルの貼付にもいくつかのルールがあります。

たけお

FBA納品する際は商品についているメーカーラベルを隠す必要があるため、商品ラベルを上から被せて貼ると良いです。

FBA梱包
引用:Amazonセラーセントラル

商品にたくさんバーコードが貼ってある場合は、FBA商品ラベルのバーコードの印刷していないラベルで隠すように貼ります

また、以下のように不備があると納品できないので注意が必要です。

FBA納品
引用:Amazonセラーセントラル

FBA出品:手順④:輸送箱に商品と緩衝材を詰める

FBA納品梱包

商品に商品ラベルを貼ったら、輸送箱に商品を詰めていきます

たけお

輸送中に商品に傷がつかないように、隙間や商品の周りに緩衝材を詰めましょう。

FBA出品手順⑤:配送ラベルを貼付して発送

FBA納品出荷
引用:Amazonセラーセントラル

商品が輸送箱に詰め終わったら、輸送箱をテープで閉め、輸送箱の天面に印刷した配送ラベルを貼りましょう

FBA 納品手続き
引用:Amazonセラーセントラル

出荷が完了したら納品手続きの最後の「すべて出荷済みとしてテェック」をクリックしてFBA納品作業は終了です。

FBAパートナーキャリア以外の配送方法を選択した場合は追跡番号もしておきましょう。

まとめ

以上AmazonFBA出品のやり方でした。
まとめると、

FBA販売の出品手順

手順①:商品を登録する
手順②:納品手続きラベルを印刷
手順③:商品を梱包して商品ラベルを貼る
手順④:輸送箱に商品と緩衝材を詰める
手順⑤:配送ラベルを貼付して発送

手順に従って納品手続きをしてもらえれば、だれでも簡単にAmazonFBAを使って販売することができます

たけお

はじめは大変でめんどくさいと感じると思いますが、慣れてくると時間かからなくなってくるのでコツコツと頑張っていきましょう

以上参考にしてもらえたら嬉しいです!
最後までご覧いただきありがとうございました。また会いましょう^^

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる